酵素ドリンクを飲むとかえって太ることもある

酵素ドリンクを飲むとかえって太ることもある

人間の体の中には消化酵素、代謝酵素など生命維持に必要な酵素があります。

 

約3000種類もあると言われている酵素はそれぞれが違う働きをしており、酵素が減ると血液が汚れたり、痩せにくい体になったりします。酵素を体に摂り入れることで痩せやすい体にしていくのが、酵素ダイエットです。

 

市販の酵素ドリンクは多くの野菜や果物が入っています。その分、栄養価も高いので、ダイエットの際にもしっかり栄養を取りながら体重を減らすことができます。そして排便や発汗など老廃物を排出する働きもありますので、肌トラブルが消える効果もあります。ただ、酵素は熱に弱いので、市販のドリンクだと加熱処理されているものに注意してください。

 

酵素ドリンクは自分で作ることもできます。しかし市販のもののように多くの材料を使わず、1〜2種類から始めてみましょう。

 

頑張って多くの種類を使ってもおいしくなれけば続けられませんので。瓶に材料を入れ終わったら、室温20〜25度くらいのところで10日ほどかけて醗酵させます。1日2回ほどかき混ぜるようにします。出来上がったドリンクは長期間の保存はできません。カビなどが生えたときはすぐに捨てるようにしましょう。また、酵素ドリンクを作る際にかなり多くの白砂糖を使用しますので、当然カロリーもかなり高くなります。こういった点を考えて、酵素ダイエットするとき市販のものを使うか、自分で作るかを決めましょう。

 

酵素ドリンクを使ってダイエットする場合、通常の食事を摂りながらドリンクも飲んでいたのではかえって太ることもあります。ドリンクは置き換えダイエットとして使ったほうが効果があります。食事制限するよりは空腹が気になりませんし、栄養面でも安心できます。短期間で体重が減った場合は、その後のリバウンドに気をつけましょう。

 

ダイエットが短期間でなくてもいいと言う人には酵素サプリの方が使いやすいかもしれません。熱処理で酵素が壊れていることを心配する必要もありませんし、冬場に冷たいドリンクは飲みにくいと言う人でも続けられます。

 

サプリメントは常温で飲むことを心がけてください。酵素ドリンクを飲む時も冷たい水や温かいお湯よりも常温の液体で割ることをおすすめいたします。身体に浸透しやすいので。

 

今一番売れている酵素ドリンクはベルタ酵素のようです。